埼玉特産応援隊

きゅうり

きゅうりの原産地は、ヒマラヤ山ろくのインドと言われています。

日本へは、いつ渡来したかはっきり分かりませんが、1000年以上前から栽培されていたようです。ただ、今ではみんなが食べる野菜ですが、昔はあまり人気がなかったようです。

江戸時代の水戸黄門様も「毒多くして能少し、植えるべからず、食べるべからず」と説いていたそうです。
明治時代以降にかなり品種改良が進んだので今のきゅうりは美味しくなっていますが、昔はかなり苦かったようです。


「きゅうり」ってどんな野菜?

キュウリは90%以上が水分なので、栄養的にはあまり期待できませんが、カリウム、カルシウム、ナトリウムを適度に含んでいるので、体に負担をかけることなく水分補給できます。また、利尿作用があるので、むくみの解消、のぼせの改善に効果的です。 カリウムは体内でナトリウムを排出する働きをするので、血圧降下にも役立ちます。

みやざき子どもたんけん隊[きゅうりについて]
北陸農政局-きゅうり
より抜粋

きゅうりとパプリカのオイスターソース炒め

【材料】(3人分)

  • 豚小間/100g
  • きゅうり/1本
  • 赤パプリカ/1/2個
  • 黄パプリカ/1/2個

<調味料>

  • サラダ油/大さじ1
  • オイスターソース/大さじ2
  • さとう/小さじ1/2
  • ごま油/少々

【作り方】

  1. きゅうりを麺棒などで叩いてやわらかくし、適当な大きさに切ります。
  2. パプリカを一口大に切ります。
  3. 強火で豚小間を炒め、豚に大体火がとおったら、パプリカを加えてよく炒めます。
  4. パプリカに火がとおってきたら、きゅうりを入れて1~2分炒めます。
  5. オイスターソース,さとう,ごま油を入れて30秒ほど炒め、味を整えます。
  6. お皿に盛りつけて完成です。

作り方のコツ!

少しニンニクチューブを足すとより香りが良くなります。
しめじや舞茸などキノコ類を入れると香りもよく、より美味しくいただけます。
きゅうりに軽く火がとおったところで上げてください。長く炒めると、きゅうりから水がでます。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん 5歳>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

炒めるときにフライパンを上手に振れなかった。でも、野菜は上手に切れました。

保護者の感想

生食以外の方法できゅうりを美味しくいただけました。思った以上に水っぽくならず、野菜(赤・緑・黄色)の彩りもよく、夏らしい美味しい料理になりました。今までは補助台に立って洗い物・炒め物をしていた娘が、今回は台なしで料理をしていました。改めて子供の成長の早さを感じました。

みんなも作って食べてみてピィ!

このページのトップへ