埼玉特産応援隊

小松菜(コマツナ)

カルシウムが豊富に含まれる小松菜。
アクも少なく、クセがないので野菜嫌いのお子様にもおススメ!

◎小松菜の主成分

カルシウム(290mg)/カリウム(420mg)/カロチン(3300μg)
ビタミンC(75mg)/食物繊維(2.5g)/鉄(3.0mg)


「小松菜」ってどんな野菜?

  • 小松菜は栄養価の高い緑黄色野菜で、動脈硬化やガンなどの成人病を予防するβ-カロチン(ビタミンA)、貧血の予防効果がある鉄、風邪を予防し、美容効果のあるビタミンC、血圧を安定させるカリウム、便秘を改善し、血糖値の上昇を抑え、大腸ガンや糖尿病の予防に効果的な食物繊維などを多く含んでいます。
  • 何よりも骨や歯を丈夫にし、骨粗鬆症予防にも必要な『カルシウム』の量が他の野菜に比べてズバ抜けて多く、1束で牛乳2本分のカルシウムが取れます。
    従って、カルシウムの吸収を助ける『ビタミンD』を含む食材(魚やきのこ類など)と一緒に食べるとより効果的です。
    小松菜はカルシウムが不足しがちな熟年の方や妊婦、成長期のお子さんに是非召し上がっていただきたい野菜です。
  • また、アクが少ない野菜なので、野菜嫌いのお子様もおいしく食べられます。また、茹でずに使える点も便利です。

小松菜としらすの卵とじ

【材料】(4人分)

  • しらす/30g
  • 小松菜/1束
  • 人参/30g
  • 卵/1ケ

<調味料>

  • 酒/小さじ1
  • みりん/大さじ1
  • 砂糖/大さじ1
  • 醤油/大さじ3
  • だし汁/2カップ

【作り方】

  1. 人参はせん切りにし、小松菜は食べやすい大きさに切る。
  2. しらすはサッと湯通しする。
  3. 人参とだし汁をなべに入れて火をかけ、沸騰したところで小松菜を入れる。
  4. 小松菜がしんなりしてきたら酒・みりん・砂糖・醤油を入れる。
  5. しらすを入れ、溶き卵を回し入れた後、ふたをして煮る。
  6. お皿に盛りつけて完成。

作り方のコツ!

卵を2ケ使うとボリュームが出ていいと思います。
煮詰め過ぎるとしらすは味がなくなり、卵は固くなってしまうので注意!
しめじやエリンギなどのキノコを足しても美味しくなります。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

卵を上手に割ることができた。卵を鍋に入れる時も上手にできた。

保護者の感想

毎日通っている学童でも料理をしているおかげか、包丁を持つ仕草も板についてきました。煮立った鍋に材料を入れるときに必要以上に怖がるなど、まだ不慣れなところもあります。一緒に料理をすることで今後も色々と伝えてあげられるといいなと思います。

みんなも作って食べてみてピィ!

このページのトップへ