埼玉特産応援隊

ブロッコリー

原産地は地中海沿岸といわれ、イタリアでは古くから食べられていました。日本に初めて導入されたのは明治初期で、一般に普及したのは昭和40年代に入ってからです。

ブロッコリーはキャベツの一変種です。色の白いカリフラワーはブロッコリーが突然変異したものだとか。栄養価はブロッコリーの方が高く、最近は緑黄色野菜として食卓にのぼる回数も増えてきましたね。

ブロッコリーの歴史・選び方・保存方法 - JA全農やまぐち

[生産出荷量ランキング]
No.1 北海道 15.2% / No.2 埼玉県 11.6% / No.3 愛知県 11.0%

ブロッコリー生産量上位について
資料「平成21年産野菜生産出荷統計」より

ブロッコリーは涼しい気候を好むので、秋から冬は埼玉県や愛知県で、夏場は北海道で作られます。ブロッコリーの総生産量は141,100tです。

農林水産省-ブロッコリー生産量上位について


「ブロッコリー」ってどんな野菜?

ブロッコリーはビタミンB群、ビタミンC、Eを多く含むほか、カルシウムやカリウム、鉄などのミネラル、食物繊維も豊富です。特筆すべきは、美容にも効果的なビタミンCがレモンの約2倍含まれていることです。β-カロテンもブロッコリーには多く含まれています。

β-カロテンは体内でビタミンAに変わりますが、変わらないβ-カロテンは抗酸化作用でがん予防に有効です。また、葉酸も多く含まれますので、妊娠中の方がお医者さんに、“ブロッコリーを多く摂るように”と指導されることもあるほどです。

つぼみの部分だけでなく、ブロッコリーは茎にもたっぷり栄養が含まれています。是非利用してください。

ブロッコリー入りシューマイ

【材料】(24個分)

  • 豚ひき肉/300g
  • 干椎茸/3枚
  • 玉ねぎ/400g(中1/2ケ)
  • ブロッコリーの芯/1房分
  • 片栗粉/大さじ3
  • シューマイの皮/30枚
  • ごま油/小さじ1/2
  • 片栗粉/大さじ2
  • サラダ油/少々

<調味料>

  • 砂糖/大さじ1/2
  • 酒/大さじ1
  • 醤油/大さじ1/2
  • 塩/小さじ1/2
  • 生姜すりおろし/小さじ1/2
  • コショウ/少々

【作り方】

  1. 玉ねぎ、干椎茸を水で戻したもの、ブロッコリーの芯の皮をむいて茹でたもの、をそれぞれみじん切りにする
  2. 玉ねぎとブロッコリーの芯に片栗粉をまぜる
  3. ひき肉にみじん切りにした野菜(玉ねぎ、椎茸、ブロッコリー)と調味料を加えてよくまぜる
  4. ごま油と片栗粉を加えてさらにまぜる
  5. シューマイの皮にあんを詰める。親指と人差し指で輪を作り、そこにシューマイの皮を乗せる。皮の中央にあんを乗せ、上から押すようにして少しずつ輪の中に落として形を整える
  6. 蒸し器の中敷きに油をぬる
  7. 蒸し器の中敷きに少し間隔を開けながらシューマイを並べ、強火で10分ほど蒸す
  8. 蒸しあがったら器に盛りつける

作り方のコツ!

玉ねぎとブロッコリーに片栗粉をまぜることで野菜から水が逃げず、肉あんがふっくらと柔らかくなります
中敷きに油をぬることでシューマイが蒸し器につかなくなります
野菜のみじん切りにフードプロセッサーを利用してもOK

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

あんを包むところが難しかったけど、上手にできてよかった。

保護者の感想

さいたま新都心で行われたビール祭りに参加するにあたり、“何かツマミが欲しい”という話になり作りました。
普段は捨ててしまうブロッコリーの芯は歯ごたえがよく、干椎茸のコクが効いた美味しいシューマイになりました。

みんなも作って食べてみてピィ!

このページのトップへ