埼玉特産応援隊

長ねぎ(ネギ)

ねぎは中国西部地域が原産とされています。日本では奈良時代以前から栽培され、「日本書紀」にも記載がある歴史のある野菜です。江戸時代中期には既に全国各地で気候風土にあったねぎが栽培されていたようです。

ねぎは大別すると緑の葉の部分を食べる葉ねぎと、主に白い部分を食べる白ねぎの2種類があります。関西では葉ねぎが主流ですが、関東では主に白ねぎを栽培してきました。白ねぎは根元の土を何度も高く寄せる、土寄せという作業を行うことで光を遮断し、ねぎの軟白部分が長くなるように栽培していきます。関西は土壌が浅いため葉ねぎの栽培に、関東では土層が深くやわらいため、白ねぎの栽培に適していたようです。

深谷市ホームページ:深谷ねぎ(深谷ねぎレシピ)

[出荷量ランキング]
No.1 千葉県 13.7%
No.2 埼玉県 12.8%
No.3 茨城県 9.9%
※総生産量は508,400tです。

農林水産省-ねぎ生産量上位について


「長ねぎ」ってどんな野菜?

ねぎには独特の強い香りがありますが、これはアリシンという揮発性の成分です。主な効果としては、体力回復・血行をよくして体を温める・肩こりや冷え症、疲労の蓄積を防ぐ・神経を落ち着かせイライラを抑えるなどがあります。

また、アリシンはビタミンB1と一緒に摂ると相乗効果があると言われます。ビタミンB1の吸収を助け、その効果をアップしてくれます。・胃液の分泌を促す・たんぱく質の消化を促す・発汗などの代謝作用を高める・病気への抵抗力を高めるなどの効果が知られています。ビタミンB1はさまざまな食材に含まれていますが、豚肉、玄米などの穀類、大豆や落花生などの豆類、うなぎなどに比較的多く含まれています。中でも豚肉やうなぎは一度に食べる量も多く、ビタミンB1を補うには優れた食材です。

豚バラ肉と長ネギの旨ダレ焼き

【材料】(4人分)

  • 豚バラ肉/500g
  • 長ねぎ/2本
  • 塩・コショウ/適量

<タレ>

  • ハチミツ/大さじ1
  • 砂糖/大さじ1
  • みりん/小さじ1
  • 酒/大さじ1
  • 醤油/大さじ2
  • オイスターソース/大さじ1
  • しょうが(みじん切り)/3g
  • 煎りゴマ/大さじ1

【作り方】

  1. 豚肉を食べやすい大きさに切り、塩・コショウで下味を付ける。
  2. 長ネギを適当な大きさ(3cm程度)に切る。
  3. タレの調味料を合わせておく。
  4. フライパンを熱し、長ネギを時々転がしながら焼き目を付ける。
  5. 豚バラ肉も入れ、両面焼き色を付ける。
  6. タレを入れ、良く絡んだら完成です。

作り方のコツ!

砂糖を使わずにハチミツの量を増やしても美味しくいただけます。
肉に脂身が多いときは一度茹でてから調理してください。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

とっても簡単にできた。お肉がやわらかくて美味しかった。

保護者の感想

脂身も多く油っぽいかと思いましたが、しょうがの効いたタレのおかげでサッパリいただけました。残ったタレで別の料理にもチャレンジしてみようと思います。

みんなも作って食べてみてピィ!

このページのトップへ