トマトベリー

2010年ミニトマト(トマトベリー)編

初栽培として選んだ野菜は、ミニトマト。
トキタ種苗さんから販売されている「トマトベリー」という
品種です。

2010年4月 2010年5月
2010年6月 2010年7月
2010年8月  

4月

2010年4月24日(土)

同じ品種を同じ日から始めて、環境の違いでどんな育ち方をするのかを比べよう!という企画で、同僚とともにプチ家庭菜園を始めることにしました。

僕はマンションの6階住まい。地上からは約18mくらいでしょうか・・・。選んだ野菜は、『トマトベリー』。苺のようなハート型のトマトで甘みが強く、小さく可愛いトマトです。同僚からの提案で一緒にバジルを植えました。この組み合わせ、もはや最終形は「イタリアン」。そう、出来たトマトとバジルを使ったパスタを夢見ています。

僕はこれが人生初の野菜づくり。土から、鉢石から、苗まで全ての説明書をじっくり読み、いざプランターへ。今は始めやすいですね。土も野菜向きの土で、作業はあっという間に完了しちゃいました。今年、小学校に入学した息子も興味津々。参加したいらしく、「僕もやるから」とお手伝い。2人ともうまく植え替えができました。身長約15cm。大きく、早く、育ってと願いを込め、無事終了しました。

マンション6階は、日当たり抜群!かなり成長が期待できます。・・・が夕方になると、「風」が。苗木が左右にグラインド。んん・・・思わぬ敵が現れました。この家庭菜園、敵は6階に吹き荒れる「風」との闘いか?


2010年4月24日(土)

はじまりました、くらべる家庭菜園!環境の違う場所で同じ野菜を育ててみようと試みた記念すべき第1弾のスタートです。

まずは環境のご紹介。 我が家は、一戸建て。日当たり良好な庭で栽培です。庭には、草木もたくさんあり、鳥や虫が結構いらっしゃいますよ。 今後、天敵にならないことを祈ります。塀の向こう側は、農家さんの畑があり、風が強い日は砂埃がすごいです。

こういったロケーションのもと、初回はミニトマトの栽培です。事前学習で、「トマトは太陽で育つ!」とありましたので日当たりがいい場所を探しました。

前もって、T氏と一緒に購入したミニトマトの品種は、トキタ種苗さんから出ている「トマトベリー」。ハート型のかわいらしいトマトに育つそうです。おまけにフルーツの様な甘さみたいです!楽しみっ。

また、トマトとバジルを一緒に育てると、生長の促進や虫除けにもなるという情報を仕入れたので同時にバジルの苗も購入しました。(コンパニオン・プランツというようです)バジルの苗は、すでにいい香り。ソースにして、パスタに絡めて食べたくなります。

さてさて肝心の植え替えです。小学2年生の息子と一緒に、プランターに土を入れ、そっと苗を移しかえます。バジルも横に植え、土に水をたっぷりあげました。作業は、いたって簡単であっという間に終わってしまい物足りなさが残っていますが・・・。

後は、すくすくと生長していく事を祈りつつ観察するのみです。
でも、既にトマトの葉が黄色くなっているのが気になりますが・・・
大丈夫でしょうか?


2010年4月29日(木)

GWに突入して晴天ながらも、何とも強風…。

サスガに6階に吹く風は1階より強く、苗木が折れそうです…。
慌てて応急措置。しかしながら、何とも心もとなし。

慌ててホームセンターへ。見よこのシールド!風をシャットアウト!

なんか、何気ないきっかけで始めた「トマト栽培」。始めてみると、これがまた愛おしい。またホームセンターに行く途中、(歩いて買いに行ったが)よそ様のお家にあるプランターが気になり始めた。

そして、勝ち負けじゃないのに妙に競争心が芽生える「ボク」がいました。

2010年4月27日(火)


大ピンチです。
実はトマトベリー&バジルの他にも、単独でトマトベリーの苗を植えているのですが、 いつの間にか茎が折れているというハプニングが・・・。泣

一番太いメインとなる茎だと思うのですが。
泣く泣く、茎を取り、もう一方で伸びている芽の生長に期待を込めて・・・。

2010年4月29日(木)

風が強く、苗が左へ右へ大きく揺られます。
1号・2号ともに、支柱に茎をビニールひもで固定しました。
これで、強風が吹いても大きく揺られることがなくなりました。


2号君は、よく見ると折れた根元から別の芽が出ています。
これが大きく伸びてくれれば無事復活か?頑張れ!トマトベリー2号。