パパと読み聞かせを楽しもう <後編>

さいたま市でもイクメン育成講座「さいたまパパスクール」が開催されるなど、ここ最近、お父さんの子育て参加がすすんできています。
そこで今回のブックトークでは、さいたま市の2つの市立図書館から、おはなし会で男性語り手として活躍中のお2人をゲストに、
「お父さん目線」での絵本選びや読み聞かせの楽しさについて、
お話をうかがいました。
今回のブックトークゲスト

さいたま市立桜図書館
児童サービス係 Cさん

司書歴25年の本選びのスペシャリスト。さいたま市立桜図書館の児童サービス係の頼れるリーダー的存在であり、おはなし会では数少ない男性語り手として活躍中。意外にもナンセンス系の話が得意なのだとか。 趣味はフットサル。高校生の男の子と中学生の女の子の父でもある。

さいたま市立中央図書館
児童サービス係 Fさん

年間2000冊の児童書に精通し、児童担当になって以来通算400回以上のおはなし会をこなす、司書歴19年のベテラン司書。空手、合気道の黒帯(修行歴25年)所有し、育休時の専業主夫体験をブログで発表(人気ブログランキング育休部門で年間1位)するなど、異色の経歴の持ち主。長女(小6)、次女(3歳)の父でもある。

※役職・所属・プロフィール内容は取材当時のものです

今回セレクトしていただいた本
かたあしのひよこ ムニャムニャゆきのバス しゃっくりがいこつ
「かたあしのひよこ」
文:水谷章三
絵:いとうひろし
出版社:ほるぷ出版(1993年)
価格:1,450円(税別)
「ムニャムニャゆきのバス」
作・絵:長 新太
出版社:偕成社(2007年)
価格:1,400円(税別)
「しゃっくりがいこつ」
作:マージェリー・カイラー
絵:S.Dシンドラー
訳:黒宮純子
出版社:セーラー出版(1997年)
価格:1,500円(税別)

※全てさいたま市の図書館で借りることができます

前回に続き、市立図書館の児童サービス係のお二人に、お父さん目線で選ぶ絵本のお話をうかがいます。Cさんから「お母さんがあまり選ばないような絵本」をという目線でお持ちいただいたのが、まずこちら、「かたあしのひよこ」。
タイトルだけみるとなんとなく悲しいお話なのかな、と思うのですが。

いや、いや、まったく逆です。悲しいどころか、奇想天外なおもしろい話で、
むしろ読んで元気になるお話なんです。
おはなし会の読み聞かせでも、子どもたちの反応がすごくいい絵本だよね。
そうなんですか!とはいえ、もし私が子どもに「コレ読んで」って持ってこられて、タイトルだけみたら、「えっ!コレ読むの?」って言っちゃうと思います。でも、それって私が勝手に「かたあしのひよこ=かわいそう」って決めつけてるってことですよね。うーん、反省です。
まあ、タイトルから受けるイメージと、実際のお話の内容が違うっていうのは、よくあることなんですけどね。絵本って、特に昔話なんかは、いわゆるタブー視されるようなモチーフが出てくることもあるんですが、お話の中ではそれほど重要な意味を持っていないことも多いんですよ。
かたあしのひよこ」も、「奪われた大切なものを取り返しに行く冒険」っていうところがこの話の面白さであって、その大切なものが、たまたま“ひよこのかたあし”だった、という感じなんです。
読み聞かせでも「ひよこが片足であること」を気にする子どもは、ほとんどいないですね。はじめは気になったとしても、話の展開の意外さにびっくりして、みんなそれどころじゃなくなっちゃう(笑)
(本を見ながら)ええっ!なに!?このひよこ、想像を絶する強さっていうか、この展開、ありえなさすぎです~(笑)。
笑っちゃうでしょう。読み聞かせでも、だいたい子どもたちから「えー!」とか「ありえなーい!」って声がでますね。

で、子どものテンションが上がると。こういう絵本なら、読み聞かせが苦手なお父さんでも、子どもと一緒に盛り上がれて楽しめそうですね。
他にもこういう本ってありますか?

ありますとも!私のオススメはこれ、「かたあしのひよこ」以上に奇想天外な「ムニャムニャゆきのバス」。

でた!「ムニャムニャゆきのバス」(笑)
読んでいくうちにだんだん、子どもたちも一緒に「ベェーベェー」って言いだすんだよね。

(絵本めくりながら)これはまた、ナンセンスなお話ですねぇ。ブザーの音が「ベェーベェー」ってだけでもうヘンなのに、バスから降りてくるものがそれ以上に凄すぎ(笑)
私なんかは、お話のすじ、いわゆるストーリーをつい気にしてしまうので、こういうのはちょっと想定外でした。

読み聞かせで大切なのは、「感情を揺さぶること」だと思うんです。
ああなって、こうなって、とお話を理解することより、まず小さいうちは、うれしい、楽しい、悲しい、なんでもいいから、その瞬間に生まれた感情を大きく膨らませることで、豊かな感情って育つんじゃないかな。

そういう点では、「かたあしのひよこ」や「ムニャムニャゆきのバス」みたいな、先の展開が見えない絵本っていうのは、ページをめくるたびに驚きがあるから子どもたちの反応もすごくイキイキしているよね。

ナンセンスな絵本に、そんな効果があるとは!
そういえば、知り合いの男性と読み聞かせの話になったとき「登場人物のセリフを感情を込めて読むのに、なーんか抵抗があるんだよね」と言っていたんです。そうか、こういうお話ならセリフもほとんどなくてお父さんでも読みやすいかも。

あー、確かに、こういう擬音っぽい言葉って、男性の方が得意かもしれない。子どもたちを見ていても、「シャキーン」とか「ドーン」とか効果音を口に出して遊んでいるのはたいてい男の子だよね。(笑)

さいたま市立中央図書館 児童係Sさん じゃあ、最後に私からも1冊、「お母さんがあまり選ばないような絵本」かつ「擬音っぽい絵本」ということで、この本「しゃっくりがいこつ」をご紹介します。
さいたま市立中央図書館 児童係Sさん ひゃー、これは確かに、ママが積極的に選ぶ絵本ではないなぁ(笑)
さいたま市立中央図書館 児童係Sさん

でもこの本も、読み聞かせで子どもたちにすごくウケる絵本なんですよ。
今回紹介した3冊ともそうなんだけど、どの本も子どもたちが「えー!」という声をあげたり、読み手と一緒になって「ベェーベェー」とか「ヒックヒック」言いだすんだよね。

さいたま市立中央図書館 児童係Sさん

ナンセンスで単純で、突拍子もない展開・・・そうか!これは、ドリフだ!(笑)。
「べぇーべぇー」とか「ヒックヒック」は、「しむらあぶなーい!」と同じ感覚じゃないかと。

さいたま市立中央図書館 児童係Sさん お父さんって普段仕事で、なかなか子どもと向き合って遊ぶ時間がないじゃないですか?そういう中での読み聞かせを考えたとき、こういう瞬発力のある絵本で子どもたちにウケることって、自信につながると思うんですよ。
さいたま市立中央図書館 児童係Sさん

せっかく本を読んでも、反応が薄いとやる気も下がりますもんね。
この本を「読んであげて」ってパパに渡してみるのもいいかも。

さいたま市立中央図書館 児童係Sさん しゃっくりがとまらなくなったがいこつが、あの手この手で止めようとしながら失敗を繰り返すこのお話。最後にどうやって止めるのかは、ぜひ読み聞かせを兼ねて確かめてみてくださいね。
今回セレクトしていただいた本
かたあしのひよこ ムニャムニャゆきのバス しゃっくりがいこつ
「かたあしのひよこ」
文:水谷章三
絵:いとうひろし
出版社:ほるぷ出版(1993年)
価格:1,450円(税別)
「ムニャムニャゆきのバス」
作・絵:長 新太
出版社:偕成社(2007年)
価格:1,400円(税別)
「しゃっくりがいこつ」
作:マージェリー・カイラー
絵:S.Dシンドラー
訳:黒宮純子
出版社:セーラー出版(1997年)
価格:1,500円(税別)

※全てさいたま市の図書館で借りることができます