特集記事埼玉県 道の駅

「意外っ!」と言ったら叱られる?道の駅めぬまに初上陸

2017.12.06 | めぬま

みなさん、こんにちは。
今日は、仕事で県北に来た帰りに、気になっていた道の駅「めぬま」に立ち寄りました。
(「おかべ」や「はなぞの」は、既に制覇済み)

なに!デカっ。結構の敷地面積があり、トラックも乗用車も十分に止められます。
さて、昼前ということもあり、ランチでもしようかと。
妻沼といえば、子ども頃から知っていた「聖天さまの稲荷寿し」が有名。
お店に入るや否や目に飛び込んできました「吟ぎんすし」!
『おお~っ、懐かしい』今日のランチは、決まりです。

どうですか?通常の稲荷寿司の2倍!あぶらあげ1枚で1個。しかも3つ!+海苔巻き…
結構なボリュームです。(アラフィフ男子でもランチには十分過ぎ)
昔食べた「聖天稲荷寿し」とは、味付けが違うのかな?結構さっぱりしています。

本家?は確かもっとあまじょっぱく、濃い見た目と味付けだったような…
でもこの「吟ぎんすし」も、しっかり味はついて、食べやすく、ボリュミーでした。

ランチを終えて、ぷらぷらしよとすると…「えっ!秋バラ?」バラって秋も咲くんかい!
なんとこの庭園には400種2000株ものバラがあり、5月~初冬まで見らるそうです。知らんかったわ。。。
庭園の奥には、妻沼出身で埼玉三偉人となっている公許女医第1号となった荻野吟子さんの銅像が、バラに囲まれて立っておられました。5月頃は、さぞエレガントなんでしょうね~。

庭園を見終わり、向かいにあるJAのめぬま物産センターをのぞき見。
野菜も安いし、豊富ね。妻沼ねぎってのもあるのね。な、な、なんじゃー!あの「やまと芋」の箱山積みは。。。
埼玉県北部ではやまと芋の出荷量が多いのは知っていたが、なぜこんなに?ふむふむ…ご贈答用に?とな。買って帰るのだけなく、贈答品として産直販売されていたのです。しかも、人だかり…。これは知らんかった。今度は買ってみよう。

そして、左に目を向けると、こちらも行列。
なんじゃ?つけめん「福は内」。早く教えて~!
と、今日はこのつけめんを食べられず、次回の目的が出来ました(トホホ・・・)
しかし、すごい人やな。何やら有名らしく、近くの会社員もランチに来ているようで、スープが無くなり次第、営業も終わりとのこと。。。こりゃ時間選びが肝ですな。

と、若干、後ろ髪を引かれつつも、道の駅「めぬま」を後にしました…。
意外?と言ってしまっては叱られそう。聖天院、稲荷寿司、バラ園、荻野吟子さん、滑空路、地元野菜などなど、行かなきゃわからない魅力に今回も触れました。
今回もいただきなさいたま!