埼玉特産応援隊

<<苺(イチゴ)目次ゴーヤ(ニガウリ)>>

緑茶(リョクチャ)

“茶摘“の歌に『夏も近づく、八十八夜~♪』とあるように、立春(2月4日)から数えて88日前後を”八十八夜“と言って、お茶にとっては一番の『旬の時期』となります。(今年の八十八夜はうるう年の関係で5月1日)
全国にはいくつかのお茶の産地がありますが、その中で狭山茶を産する埼玉県は緑茶生産の経済的北限です。

“色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす”

と「狭山茶摘み歌」にも歌われる、狭山茶の特徴である深い味わいは、寒い冬を乗り越えることでいっそう深まり、また“狭山火入”という独特の仕上げ技術により、甘くて濃厚なお茶になるのです。
詳しくは“狭山茶のはなし(埼玉県様ホームページ)”をご覧ください。

◎緑茶の主成分

ビタミンA(7,200IU)※IU・・・国際単位
ビタミンC(250mg)
ビタミンE(65.4mg)


「緑茶」の栄養について

緑茶には、渋み成分であり、発がん抑制、血中コレステロール低下、血圧・血糖値上昇の抑制、抗菌、虫歯・インフルエンザ予防などの作用があるカテキンをはじめ、疲労回復・眠気ざまし作用があるカフェイン、また緑茶のうまみ成分であり、血圧降下、リラックス効果のあるテアニン、風邪の予防、ストレス解消、シミ・ソバカスを抑制する美容効果も持つビタミンCなどのビタミン類、血圧降下・脳卒中や動脈硬化の予防作用があるガンマ-アミノ酪酸(ギャバ)などさまざまな栄養素が含まれます。
しかしその豊富な栄養素も、浸出液(お茶)には30%しか溶け出さず、
残りの70%の栄養素は出し殻として捨てられています。

その茶葉を食べることで、より多くの栄養素を摂取できます。

緑茶のおやき

【材料】(15~20個分)

<皮>

  • 薄力粉/150g
  • 強力粉/150g
  • 塩/少々
  • 油/大さじ1と1/2
  • 茶葉/10g
  • 湯/120cc

<具>

  • ひき肉/200g
  • 玉ねぎ/100g(中1/2個)
  • 茶葉/(出し殻) 10g分
  • ごま油/小さじ2
  • 酒/小さじ2
  • 砂糖/大さじ2
  • 醤油/大さじ2

<焼き用>

  • 油/小さじ1

【作り方】

  1. 湯に茶葉を入れ、お茶を作る。出し殻は後で使うので、水分を切っておく。
  2. 皮の薄力粉、強力粉、塩、油、(1)で作ったお茶をボールに入れて、手で混ぜる。
  3. 全体が一つにまとまったら濡れ布巾をかけて30分寝かせる。
  4. 玉ねぎ、出し殻を荒みじんに切る。
  5. 出し殻をフライパンでさっと炒めて水気を飛ばしたら小皿に移す。
  6. フライパンにごま油を敷き、玉ねぎとひき肉を火が通るまで炒める。
  7. (5)の出し殻を入れた後、酒、砂糖、醤油を入れて味をつけ、皿に移して熱をさます。
  8. 寝かしておいた皮を15から20等分にする。
  9. まな板に強力粉を振って、麺棒で皮を伸ばし、直径10㎝くらいの大きさにする。
  10. 皮の真ん中に中身をティースプーン1杯くらい乗せ、両端を合わせるように包む。
  11. 手のひらで転がすように形を整える。
  12. フライパンもしくはホットプレートに油を敷き、包んだおやきを並べて、ふたをする。
  13. 弱火で3分ずつ焼き、皮が透明になったら出来上がり。

作り方のコツ!

茶葉は細かく微塵にすると苦味が出てしまうので、荒目したほうが美味しくできます。
薄力粉、強力粉のかわりに中力粉300gを使っても結構です。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん 4歳>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

小麦粉をこねて伸ばすのが粘土遊びみたいで楽しかった。でも、具を包んで丸っこくするのが難しかった。

実際に食べてみた感想は?

美味しいけどチョット熱かった。

家族で料理した感想は?

ママと一緒に玉ねぎとお茶をトントンしたのがうれしかった。(マイ包丁を使いたくてしょうがない様子)

保護者の感想

子供にお茶っ葉を食べさせたことがないので、嫌がるかと少々心配でしたが、特に気にする様子もなく美味しく食べてくれました。子供も言っていましたが、皮を作るのが粘土遊び感覚で出来ましたので、子供も楽しく参加できてよかったと思います。
皮を作ったあとに30分ほど寝かさないといけないので、その間に子供が飽きてしまうことがないようにする工夫が必要かな?と感じました。

子どもの感想<Hくん 9歳>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

粉がなかなか一つにまとまらなくて大変でした。
フライパンで肉を炒めることが少し不安だったけど、うまく炒められて嬉しかった。
いい香りで、途中で食べたくなりました。

実際に食べてみた感想は?

お茶の香りがして美味しかった。あまりお茶の味は感じなかったけれど、具がおいしくて何個も食べました。
皮が少し固かったかなぁ。

家族で料理した感想は?

具を包むのがとても難しくて、お母さんやお父さんが上手に包んでいたのを見てすごいなぁと思った。

保護者の感想

作るのに少し手間がかかって大変な印象がありましたが、素朴な味で美味しかったです。
皮用のお茶(水分)の量が少ない感じがしたので、お茶を追加で入れました。
お茶の葉の苦味も一切無くて、具だけでもご飯のおかずになるし、お茶の栄養を全部摂り入れることができるのはいいアイデアだと思いました。

みんなも作って食べてみてピィ!
<<苺(イチゴ)目次ゴーヤ(ニガウリ)>>