埼玉特産応援隊

<<ゴーヤ(ニガウリ)目次さつまいも(薩摩芋)>>

茄子(ナス)

ナスには、日本で作られているだけでも、「長ナス」「丸ナス」「米ナス」など色々な形があります。例えば、埼玉県児玉地域で栽培されているのは「長卵形ナス」で、ナスの中ではもっともポピュラーなもの。栽培されているほとんどが、夏秋ナスとよばれる露地栽培のもので、6月~11月頃まで収穫されます。ナスには赤ワインで注目されているポリフェノールが含まれていて、老化やがん発生、悪玉コレステロールを抑える働きがあると言われています。

埼玉県のナス生産量(参考)
作付面積/332ha(全国12位)
収穫量/12,700t(全国9位)
出荷量/9,480t(全国10位)
出典:平成16年産野菜の作付面積、収穫量及び出荷量(関東農政局)
埼玉県ホームページより

◎ナスの主成分(可食部100g当たり)

ビタミンC(5mg)/カリウム(220mg)


「ナス」ってどんな野菜?

ナスの95%は水分で、主成分は糖質です。栄養的に際だったものはありませんが、昔から、のぼせや高血圧の人が食べるとよいとされてきました。ナスには体を冷やす作用があり、体のほてりが強い時に食べると効果的です。
また、皮の紫色はナスニンという色素ですが、この皮には抗がん作用や老化防止効果で知られるポリフェノールも多く含まれています。スポンジ状の果肉は油と相性がよく、揚げ物にすると、植物油に含まれるリノール酸やビタミンEを効率的に摂取できます。

茄子の和風ピザ

【材料】(4人分)

  • 長ナス/1本
  • 玉ねぎ/1/4個
  • 赤パプリカ/小1/2個
  • 黄パプリカ/小1/2個
  • ピーマン/小1個
  • ベーコン/1枚
  • バター/大さじ1
  • ピザ用チーズ/20g
  • 油/小さじ1

<ピザソース>

  • みそ/小さじ2
  • ケチャップ/大さじ1と1/2
  • 砂糖/小さじ1
  • 醤油/小さじ1/2

【作り方】

  1. 長ナスを縦に4等分に切り、水にさらしておく。
  2. 玉ねぎも薄くスライスして水にさらしておく。
  3. ピーマンを縦に半分に切り、へたと種をとってから千切りにする。
  4. 赤・黄パプリカもピーマンと同様に切る。
  5. ベーコンを薄切りにする。
  6. ピザソースの材料をボールに入れてかき混ぜてソースを作る。
  7. ナスの水気を切ってソースを塗り、バター、ベーコン、ピーマン、赤・黄パプリカ、ピザ用チーズをのせる。
  8. フライパンに油をひき、ナスの断面を下にして入れ、弱火で5分焼く。
  9. 水分を少々入れ、蓋をして更に5分蒸し焼きにする。
  10. ナスが柔らかくなり、チーズが溶けたらできあがり。

作り方のコツ!

ナスが小さければ2等分、3等分でも結構ですが、あまり厚くなると火の通りが悪くなるので要注意。
玉ねぎ、ピーマン、パプリカは、先にサッとゆでておくと苦味が消え、お子様でも食べやすくなります。
パプリカの代わりに人参やホールコーンなどを使っても彩りもキレイで美味しいです。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん 4歳>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

ピーマンのヘタとタネは簡単に取れたのにパプリカは固かった。(パプリカの千切りもママにやってもらいました)
ピーマンの千切りがとっても上手にできてほめられた。

保護者の感想

子供が通う保育園にて(秋)ナスを栽培しており、子供にもなじみのある野菜で楽しんで料理ができました。
ソース作りを子供に任せたのですが、混ぜ方が足りなかったようで、
みそが固まりのままピザになってしまったところもありました。(塩辛い事この上ないが、酒のツマミにはちょうどよい?)
パプリカとピーマンの色が非常にキレイです。
サラダ菜などを添えてあげると、もっと美味しそうに見えるのかな?と思います。

みんなも作って食べてみてピィ!
<<ゴーヤ(ニガウリ)目次さつまいも(薩摩芋)>>