埼玉特産応援隊

<<ピーマン目次水菜>>

きゅうり

きゅうりの主な産地は群馬県・宮崎県・埼玉県・福島県などで、大消費地・首都圏に近いところでの生産が目立ちます。本来は、夏の野菜ですが、最近はハウス栽培もさかんで、1年中手に入れることができます。
きゅうりは成長がとても早く、大きくなったきゅうりをとり入れているうちに、他のきゅうりも大きくなってくるので、収穫期には1日に何回も、とり入れ作業をしないといけないほどです。

埼玉県のきゅうり収穫量(平成12年度)

全国2位:68,000t
資料:埼玉県の主な生産品より


「きゅうり」ってどんな野菜?

きゅうりの成分は90%以上が水分です。また、カリウムが入っているので、体のむくみをとってくれる効果もあります。他にも、カルシウム、ビタミン類、ミネラル類が少しだけど入っています。

きゅうりの表面にはイボイボがついていますが、このイボイボがとがっているほど、きゅうりは新鮮(しんせん)です。きゅうりの実がまだ小さいうちは、鳥などに食べられないようにトゲが生えているのですが、実が大きくなるとトゲがとれて、その後がイボイボになります。最近は、食感が悪いということで、イボイボがないきゅうりも作られるようになっています。

関東農政局-きゅうりの話より

鶏ささみときゅうりのバンバンジー

【材料】(4人分)

  • 鶏ささみ/100g
  • きゅうり/2本

<調味料>

  • 酒/大さじ1
  • 塩/小さじ1/3
  • 白ごま/大さじ2
  • ごま油/大さじ1

【作り方】

  1. ささみをビニール袋に入れ、酒を加えてよくもみ合わせ、しばらく置きます。
  2. 鍋に湯を沸かし、ささみを入れて5分程度ゆでます。
  3. ささみを鍋から取り出し、熱いうちに細かく割きます。
  4. きゅうりを麺棒などで叩いてやわらかくし、適当な大きさに手で割いてからボールに入れ、塩でもんでおきます。
  5. フライパンでごまを軽く炒り、すり鉢ですります。
  6. 5の中にささみを入れ、ごま油を入れて合わせます。皿に盛り付けて完成です。

作り方のコツ!

味付は市販のドレッシングを代わりに使っても美味しくいただけます。
ささみを茹でる際、あまりゆですぎるとパサパサになります。
ささみのゆで汁はスープに使えます。

家族で作ってみました!

子どもの感想<Tちゃん 5歳>

料理で良かった(楽しかった)ところや、難しかったところは?

ごまをすり鉢でするところと、きゅうりを棒でバンバン叩いてからバラバラにするのが楽しかった。

保護者の感想

料理方法が簡単です。なので、安心して子供に任せられるので楽しく料理ができました。
味付けに豆板ジャンでちょっと辛くしても楽しめると思います。

みんなも作って食べてみてピィ!
<<ピーマン目次水菜>>