埼玉イベント情報

百花斉放-文学者の書-

【開催日】2019.01.26~2019.03.10

埼玉にゆかりのある文学者たちの「書」の企画展開催中。

 さいたま文学館で開催中のテーマ企画展「百花斉放(ひゃっかせいほう)-文学者の書-」では、俳句や短歌を中心に埼玉にゆかりのある文学者、与謝野晶子や高浜虚子、杉浦翠子、長谷川かな女などがしたためた、花や自然を題材とした書の優品を、さいたま文学館収蔵資料の中から選りすぐって展示中。
加えて、さいたま文学館の誇る加藤楸邨コレクションの中からも、自作の句を書き写した墨書や愛用の書道道具も多数ご紹介しています。
 今回の企画展で紹介されている作品を「文学」として味わえると同時に、芸術性の高い「書」として目でも楽しめる企画となっているそうです。

3月10日(日)まで開催中。
春の陽気に誘われて文学散策の際に、立ち寄ってみては。

場 所 さいたま文学館 展示室
会 期 1月26日(土)~3月10日(日)
時 間 10:00~17:30(観覧受付は17:00まで)
観覧料 一般210円/学生・生徒100円
    (中学生以下・障害者手帳をお持ちの方とその介助の方1名は無料)
休館日 月曜日※ただし2月11日は開館、2月12日(火)・2月26日(火)休館

詳しい情報は、さいたま文学館さんのWEBサイトでチェックを。
http://www.saitama-bungakukan.org/index.php?key=jok5p716v-607#_607