特集記事埼玉県 道の駅

わらじかつ丼!地元ではもはや「かつ丼」といえばコチラ!?

2019.12.25 | 02.両神温泉薬師の湯

「motto埼玉×長野×上越」2019年冬号の埼玉道の駅探訪では、『道の駅 両神温泉薬師の湯』をご紹介しています。

秩父地域のグルメのひとつが「わらじかつ丼」。
ここ小鹿野町にはその元祖といわれる安田屋さんもあります。
道の駅 両神温泉薬師の湯の食事処でも、この「わらじかつ丼(700円)」を食べることができます。

地元では、「わらじかつ丼」でなく『かつ丼』なのね。
卵でとじる「かつ丼」より、コチラの方があたりまえなの?
店の人も「かつ丼おまちどうさま」って。

厚さはとんかつと比べるとそう厚くはないものの、10㎝以上の「かつ」が2枚!
見た目のボリュームは想像通り。
2枚の「かつ」はロースとモモ肉の2種類の部位を使っているらしい。
確かに若干の食感の違いがありますね。
歯切れがよく柔らかい♪
食事処のテーブルには、小鹿野町のイラストマップが置かれており、この「わらじかつ丼」の由来も知ることができます。

揚げ立ての「かつ」をタレにくぐらせた香りは、食欲をそそります。
タレが案外サッパリしているので、脂っこさが軽減されるのか、
ボリュームある2枚をペロッと食べてしまいました。

また、タレのしみたご飯が、「かつ」と合う!
「かつ」を齧ったあとについついご飯をかっこみたくなります。

完食です!

町内で提供されている店舗さんで食すのもよし、こちらの『道の駅 両神温泉薬師の湯』さんで、風呂上りにガッツリ行くのもよし!
小鹿野町に来たら、ぜひ、この「わらじかつ丼」ご賞味してみては。

(ライター:いさお)
 ※食事の感想は、あくまでライターの個人的な感想です。ご了承ください。