広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

温泉特集~埼玉 昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(ときがわ町)

2019 冬 Vol.51

お風呂も食事も雰囲気も、「昭和」を存分に味わえる温泉銭湯

昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉(ときがわ町)

里山の風景が広がるときがわ町。
丘陵地の少し奥まったところで懐かしい赤い郵便ポストとミゼットがお出迎えしてくれる、ここが昭和をテーマにした日帰り天然温泉「昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉」。
(写真1枚目)
一気に昭和30年代へタイムスリップ!懐かしく心地よい時間を過ごせます。

こちらのお湯は、地下1,700mの秩父古生層から湧出するアルカリ性単純温泉(pH値10.1)。
お風呂は2つ「昭(アキラ)の湯」と「和(ナゴミ)の湯」。
週よって男湯・女湯との入替となっています。
「和の湯」の内風呂はまさに下町の銭湯に来た雰囲気をもっており、壁に描かれた赤富士と昭和の街並みの銭湯絵が郷愁をそそります。(写真2枚目)

お湯は、すべすべで肌に吸いつき浸透してくるようなお湯。
じっくりと浸かっていられ、出た後の保温効果も良いです。湯上り後の肌に触れると、しっとり感がある美肌の湯でした。

そして、お湯を楽しむ以外にもこちらは、空間・食事も楽しめます。
昭和をテーマに看板などこだわりの館内装飾。一角には駄菓子やご当地サイダーなども販売されており、世代を超えて楽しめます。
また食事は地元で人気の豆腐店のお豆腐を使った料理、地元の製麺屋さんのうどんと、地産地消を味わうこともできます。
(写真3枚目:地元製麺屋さんのひもかわうどん・きのこ汁でいただきました!)
さらに、懐かしい家庭料理メニューや昭和のハイカラメニューも用意されており、行く度に選び応えがあるので、「今度はあれ食べてみようかな」と。
(写真4枚目:昭和の洋食を一気にたべられる!)

温泉としての泉質・効能の良さに加えて、懐かしさと新発見が共生する玉川温泉に、一度と言わず何度でもお出かけください!

[お問合せ] 昭和レトロな温泉銭湯 玉川温泉
       ☎ TEL:0493-65-4977
[営業時間]   10:00~22:00 (平日) 
                5:00~22:00 (土日祝日)
https://tamagawa-onsen.com/