広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

motto×埼玉 道の駅探訪~道の駅「両神温泉 薬師の湯」

2019 冬 Vol.51

緑いっぱいの道の駅にある 

リフレッシュ効果抜群の天然温泉で

身体の芯からぽかぽかに

秩父三大氷柱の一つに数えられる「尾ノ内氷柱」。吊り橋から眺める氷の絶景を鑑賞するために、国内外から多くの観光客が訪れる、小鹿野の冬の風物詩です。

そこから車で約40分の場所にあるのが、道の駅「両神温泉 薬師の湯」。日帰り温泉「すすきの湯」が併設されており、氷柱を見た後の凍えた身体を温めてくれるのにぴったりです。広々とした湯船が自慢の温泉は、pH9.1のアルカリ性でとても泉質が良く、冷え性や疲労回復、美肌効果などの効能があるそう。お湯はしっとりとなめらかな肌触りで、ぬるすぎず熱すぎず、ずっと浸かっていられるような心地よさです。

また、施設内には食事処も。「わらじカツ丼」「味噌ポテト」などのボリュームたっぷりのメニューから、ヘルシーな手打ちの「薬師蕎麦(1日限定30食)」、平成の名水百選に選出された湧き水を使った「毘沙門氷(毎年5月頃から氷がなくなり次第終了)」などのデザートまで、さまざまな秩父の郷土料理が充実しています。

さらに、「地域資源活用センター」では、そば打ちやとうふづくりなどの体験(要予約制)も楽しめます。

喧騒から離れてのんびりと癒されたい時に、ぜひオススメの道の駅です。


写真①開放感のある温泉は超音波・バイブラ付き

写真②ツルツルとした喉越しの手打ち蕎麦

写真③ボリュームたっぷりのわらじかつ丼は700円。