広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

三町物語「ご当地グルメをいただこう!」(吉見屋製麺所)

2020 秋 Vol.53

埼玉グルメと言えば「うどん」。
数ある中でもこのインパクト、今、イチオシです!

株式会社 吉見屋製麺所 「川幅うどん」 <鴻巣市>

埼玉の食文化に欠かせないひとつが「うどん」。
最近は埼玉のうどんも少しずつですが話題になってきています。
有名なのは「武蔵野うどん」ですが、県内では地域毎に独自のうどんが存在します。
そんな中で今回おススメするのは、彩の国優良ブランド品にも認定されている吉見屋製麺所謹製『川幅うどん』。

荒川の中流地点、鴻巣市の両岸の土手の間の距離が日本一の川幅(2,537メートル)ということで、うどんの常識を超えた、超幅広いうどんが誕生しました。
吉見屋製麺所さんで作られたこの乾麺、見た目のインパクトが抜群!
茹でる前の麺幅はなんと!11cm。

調理法は、沸騰したたっぷりのお湯に乾麺を入れ、軽くかきまぜます。
茹で時間10~12分、さらに火を止めて1分ほど蒸らしてから、冷水でササっと水洗いして完成。
麺は埼玉県産小麦を100%使用。あとは食塩のみ!
ぷるんとしながらも、もちもちとした弾力食感を楽しめます。

長ネギ、豚肉、油揚げを炒め、少し濃いめ出汁でつくる熱々の肉汁との相性も抜群です。
しっかりしたコシのあるうどんなので、汁につけるとうどんがいい感じに馴染み、おいしくいただけます!(埼玉エリア担当スタッフが調理、実食)

写真では、インパクトある幅をうまく茹で上げられました。
中々茹でている最中に、裂けてくるので、何度か挑戦してこのビジュアルを再現してみてください!

お問合せ】
(株)吉見屋製麺所 ☎ 048-541-0161 

   ネット購入は「来て見て彩々.com」から。
   https://www.kitemitesaisai.com/