広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

「ご当地麺 MEN」特集in埼玉 取材こぼれ話01「岩崎食品工業」さん

2021-2022 冬 Vol.56

誌面で載せきれなかった取材のこぼれ話を、WEBではお話しします!

mottoの読者アンケートプレゼントでもご提供をいただいている「肉汁うどん」の製造会社岩崎食品工業の神田社長さんのインタビューこぼれ話 第1弾です!

<地元の人に食べて欲しいとスタートした翁の郷と麺バザール>

岩崎食品工業さんは、埼玉県蓮田市にある製麺会社。
生麵、乾麺を製造し、その麺類は問屋さんを通してスーパー等で販売されている。
一方、40年以上も地元蓮田市の学校給食への提供もし続けている。
スーパーなどでは、取り扱う店舗があったりなかったり…ここ蓮田で作っていながら、地元の人に味わってもらう機会がどうしても少ない、地域貢献もしたいと考えていた神田社長は、本社工場敷地内に直営販売所の「翁の郷」を開設したそうです。

翁の郷では、岩崎食品工業さんで作られる生麺・乾麺、もちろん「埼玉名物肉汁うどん」も購入できます。また、ECサイトにも出店して直売できるようになっています。
また地域貢献の部分でも、定期的に開催していた「麺バザール」で、感謝のキモチを込めて少しお買い求め安い金額で提供もしているそうです。
こうした取り組みで、地元の方や周辺地域の方々にも、自社の麺を食べていただける機会と環境をしっかりと作り上げてきています。
実際、ライターである私も住んでいる近くのスーパーで取り扱いがないため、翁の郷さんで時折購入させてもらっています。
私のおススメは、乾麺うどん「島田造り」
乾麺でもしっかりしたコシとツルっとした喉ごしは、乾麺の想像を超えるおいしさです!
(個人的な感想ですが・・・)
肉汁うどんのみならず、シンプルなこちらも合わせて、ご賞味してみてください。

※「麵バザール」はコロナ禍の状況を鑑みながら、開催をしています。
   岩崎食品工業さんのWEBサイトで詳細を、ご確認ください。


<しっかり2玉を一人前に!>

「埼玉名物肉汁うどん」は現在、東北自動車道(上り線)の蓮田サービスエリア「Pasar蓮田」のフードコート内にある「翁の郷」にて、調理されたものが食べられる。
この店舗のこだわりは、2玉を一人前にして提供しているという点。
サービスエリアのうどんやそばは、どうしても軽食扱い、ササっと食べて出発という位置付けに置かれがち…。
でも、翁の郷では、埼玉の郷土料理をしっかりと味わって、満足をして欲しいという想いから、あえて2玉を一人前にして提供しているそうです。
見た目はそう多くは感じず、また食べると喉ごしもいいので、ツルツルっとついつい食べられてしまう。
それでいて、食べ終わった後の充実の満足感です!
ぜひ旅の途中に、埼玉郷土料理を存分に味わってくださいね。
もちろん、肉汁うどん以外のメニューラインナップも充実しています。
ご家族やご友人とシェアして食べるなど、埼玉自慢のうどんを堪能ください。

SAのお土産ショップ「旬撰倶楽部」でも、肉汁うどん(¥850税込)は販売されているので、ご購入されて「埼玉名物なんだって!」とお土産話に花を添えてみてはいかが?

https://www.driveplaza.com/sapa/1040/1040021/1/service/2/

  翁の郷(Pasar蓮田)
【営業時間】 24時間
【お問合せ】048-731-8080