motto旅+人+地域

三町物語:「小江戸・川越」取材紀行~その2

2018 秋 Vol.46

「motto」2018年秋号の巻頭特集「三町物語」
定番の観光地とはひと味ちがう、個性あふれる「小江戸・川越」スポットを掲載しています。

第2回目のこぼれ話は、「シマノコーヒー大正館」の様子をご紹介します。

特に人気を集めている「シマノコーヒー大正館」にお邪魔することに。
大勢の人がひっきりなしに入店していく様子に、期待が高まります!

地元の人から外国人観光客まで、みんなに愛される喫茶店

「大正浪漫夢通り」の代表的存在である「シマノコーヒー大正館」は、川越で生まれ育ったマスターによる、レトロで大人の雰囲気が評判の純喫茶です。

トレードマークは、サイフォンで淹れた自家焙煎のコーヒー。
コーヒー豆本来の味わいを最大限に引き出すサイフォンは、ストレートコーヒーとの相性が抜群です。
店内に並べられたガラス製のサイフォンから、コポコポと音を立てながらコーヒーができあがる様子は、コーヒー好きにはたまりません。<写真1枚目>

メニューもバリエーション豊かで、チーズケーキひとつとっても、定番のもの、コーヒー、抹茶、さつまいも、黒ゴマとなんと5種類。
モーニングやランチセットもあり、全メニュー試したくなる充実ぶりです。<写真2・3枚目>

そして、1年ほど前に新しく仲間に加わったのが、この自家製プリン<写真4枚目>

子どもの頃の「こんなプリンが食べたい!」という夢を具現化したような、たっぷりの生クリームやフルーツのトッピングに、胸が高鳴ります。
最近流行のトロトロとしたなめらかプリンではなく、昔ながらの固めの食感に仕上げたのがこだわりとのこと。

若い頃はバンド活動に励み、都内で飲食関係の仕事に就いていたマスターの島野さん。
特に「川越で店を開きたい」と考えていたわけではなく、自然に身を任せていたら、いつのまにかここにたどり着いたんだとか。
今の夢は、「今いる常連さんを大切にしながら、元気に長くお店を続けていきたい」と、昔からのお客さんに囲まれた、にぎやかなカウンターで語ってくださいました。

(ライター:まつもと)

次回は、伝統と斬新さを併せ持つ、子どもから大人まで楽しめる「川越 熊野神社」さんをご紹介します。~お楽しみに!