広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

三町物語:「小江戸・川越」取材紀行~その3

2018 秋 Vol.46

「motto」2018年秋号の巻頭特集「三町物語」
定番の観光地とはひと味ちがう、個性あふれる「小江戸・川越」スポットを紹介する第3回目。

今回は、大正浪漫夢通りを抜けて到着する「川越 熊野神社」さん。

伝統と斬新さを併せ持つ、子どもから大人まで楽しめる神社

おなかがいっぱいになった後は、すぐ近くの「川越 熊野神社」へ。
室町時代に創建し、地元の人々に「おくまんさま」と呼ばれ親しまれているこの神社、実は、ほかにはない工夫満載の神社なのです。

その代表格が、参道脇にある「足踏み健康ロード」。<写真1枚目>

訪れる参拝客に、いつまでも健康でいてほしいという願いをこめ、平成16年1月1日に設置されました。
小石が敷き詰められた道を、裸足で踏みながら歩くのですが、足裏にダイレクトに刺激が届くので、「痛ッ!」と思わず悲鳴を上げてしまう人も。

歩き終わった後には、どの臓器が不調なのか確かめられる図も見られます。
健康運アップも期待できるので、ぜひしり込みせずに挑戦してみてください。

(ライター:まつもと)

さて、次回は蔵造りの街並みにある美術館にお邪魔します♪
~お楽しみに~