広域連携観光情報誌『motto』埼玉×長野×上越

ひとを幸せな気持ちにさせる魔法の五家宝 ~ 堀内製菓

2019 春 Vol.48

ひとを幸せな気持ちにさせる魔法の五家宝 
    堀内製菓さんの出来立ての「虜」に・・・。

motto埼玉×長野×上越2019年春号の埼玉特集「ラグビータウン熊谷」で取材させていただいた
五家宝の老舗、堀内製菓さんをご紹介します。

みなさんは、埼玉の三大銘菓をご存知でしょうか?
草加せんべい、川越の芋菓子、そして熊谷銘菓の五家宝。(諸説あり)
その五家宝を明治20年創業で130年以上作り続けているのが熊谷市役所近くにある堀内製菓さん。

五家宝の歴史については、堀内製菓さんのWEBサイトに詳しく載っているので、そちらをご参照ください。

さて、編集担当の私は、熊谷市のお隣の行田市生まれの行田市育ち。
小さい頃より五家宝は、食して育ってきた訳ですが、なんとここ堀内製菓さんを知らずに今回の取材で、初めて訪問しました。

取材に伺った時間も運がよく!丁度出来立てがあがったところということで、早速、購入させていただきました。

<取材前からウワサで出来立ての五家宝はサイコ―ということは聞いていました>

ちゃんと円筒のカタチをしているのに、手で持つと、すぐにカタチが変わってしまうほどの柔らかさに衝撃。
慌てて、口に・・・。
「何これ~」
やさしい甘さと口の中でとけるような食感。感動しちゃいました・・・。
埼玉県北出身であれば、何度と食したことのある五家宝。
そんな私ですら衝撃と感動を与えてくれる逸品です。
大きさもほどよい細さなので、女性も食べやすいのでは。。。
ただし、周りのきな粉にはご注意を。

そしてもうひとつの逸品が「末長く」<メイン写真>

長さ60㎝近くもあるまるまる1本の五家宝です。
こちらは要予約で購入前日までには予約が必要です。

「末長く」は、通常の五家宝よりは太目ですが、その柔らかさ、口どけ感に違いはなく、
こちらも絶品。
(年甲斐もなく、大人食い!?とカブリついてみました。)

こちらの「末長く」は、自宅用はもちろん、贈答品としても最適で、外函には5種類のメッセージが選べるのも嬉しいところです。

 末長く「お付き合いを」
 末長く「ご繁栄を」
 末長く「ご健康に」
 末長く「お幸せに」
 明治二十年創業堀内の末長く

また、刺繍(金・紅の2種)も選べるので、祝い事の際にも良いのでは。
インパクトも味も抜群!

金刺繍の「末長く」は、『観光庁 世界にも通用する究極のお土産 ノミネート認定』にもなっています。

オーナーさんは、地域の子どもたちやグループホーム、福祉施設等で出張実演見学会も行い、熊谷銘菓の伝統とおいしさを伝えることにも精力的。
「五家宝を食べたことがなく、未知の味である五家宝を、小さく切ってお子さんに手にのせてあげて、口に入れた瞬間、表情がパッと明るく笑顔になる瞬間が、うれしいんだよね」と。

ひとを幸せな気持ちにさせる魔法の五家宝を、熊谷に来て、ぜひ一度ご賞味ください。


<問い合わせ>
熊谷市本町2-15 TEL048-522-1556
営業時間9:00~18:00(売り切れ次第閉店)
定休日/日曜日・年末年始
https://www.gokabo.jp/

(ライター:いさお)

※味覚に関する感想は、あくまで個人的なものなので、ご了承ください。
※メニュー等は取材時、2019年3月現在のものです。