本をはさんで親子で話そう

本をはさんで親子で話そう本をはさんで親子で話そう

Chapter 0はじめに

自分の思い通りにならないとすぐにキレる。
そんな、感情のコントロールがきかない子どもが増えているそうです。

その要因といわれているのが「自己表現や人間関係を築く力」の低下。
相手の気持ちを想像したり、違った角度から物事を考える力が十分に備わっていないと、視野がせまくなり、相手を強く否定したり、攻撃的な行動をとってしまうのかもしれません。

こうした「自己表現力や人間関係を築く力」につながる「想像力」「理解力」「表現力」を育て、子どもの心を豊かにするのが「親子の会話」と「本」であり、その基礎づくりとして「10歳までの読み聞かせ」はとても大切なのだそうです。

そこで、彩の国絆アベニューでは、身近な地元の本のスペシャリストとして、さいたま市の中央図書館と桜図書館の児童係の方々にご協力いただき、「子どもの心を豊かにする、10歳までの読み聞かせ」について、

<基礎編/本を読むチカラはどうやって育てるの?>
<本選び編/こんなときどんな本を選べばいいの?>

という2つの視点から、お話をうかがいました。

親子の読み聞かせの時間が楽しくなるような、いつもの図書館がもっと好きになるような楽しいお話を対談形式でお届けします。どうぞお楽しみに!